サーフィン パドリング コツ

サーフィンのパドリングのコツ

golf

サーフィンの基本はパドリングです。

 

沖のサーフポイントに向けてゲティングアウトするときのパドリング
波に乗るためのテイクオフするためのパドリング

 

前者は持久力が、後者は瞬発力が要求されます。
毎日海に入っていた20代の頃は、パドル筋を鍛える、背筋を鍛える、筋トレだとか、そんなこと考えてもいなかったのですが、最近は、パドル力が衰えてきました(^_^;)。

 

なんで、近頃は、海に行かないときはチューブを柱にくくりつけて、ゴムを引っ張っています。

 

私のパドリングのコツは、

 

胸を反る
できるだけサーフボードの前の方でパドリングする
手は閉じずに、軽く開いてパドリングする

 

を心掛けています。
まあ、みなさんそうでしょうが、これだけで安定したパドリングはできますよー。

 

これは沖に出るときのコツですが、テイクオフの時のパドリングのコツは、

 

足を閉じて、
波に乗ったと感じたら、
ひたすら高速パドリング!

 

です。どうでしょうか(^_^;)

 

 

あ!もうひとつ。
これはゲティングアウトの時の究極のパドリングです??

 

足が立って歩けるときはパドリングしないで、

 

できるだけ歩いて沖に出る!

 

パドリングじゃない!って?

 

でも、サーフィンは、波に立ってライディングしてなんぼですから、沖に出るサーフポイントまではできるだけ手を抜いて、体力の消耗を防ぎ(^_^;)、テイクオフのためのパドリングが全力でできるようにする究極のテクニック、コツかもしれません。

 

ただし、これはビーチポイントでないと通用しないかな。
リーフポイントだとそもそも歩いて行けない(^_^;)。

 

そんな奥の深い?パドリングのコツなんですが、最近になって、「サーフィン初心者脱出プログラム」というeBOOKを読む機会があり、パドリングのコツ、パドリング筋を鍛える理論とかを正しく理解でき、さらにパドリングに磨きをかけることができました。

 

パドリングは大事ですよー。

 

 

週末サーファーのためのパドリングのコツ